愛猫ゆきちの写真日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おだいしさん
2010年10月26日 (火) | 編集 |
なでなで

CIMG9074 (Small)

ちょいつり目。


************

ハロウィンが近い。

何年も企業は関連商品を売り込もうと頑張っているが、
いまいちクリスマスのようには浸透しないのは

日本にはオバケみたいに大きいかぼちゃがないのと、
隣近所にいきなり「お菓子くれー」なんて気軽に行ける時代ではないせいか。


昔自分の小さいころ住んでた場所には、
お大師さん」と呼ばれる行事があった。

春のある日、学校から帰ると子どもたちは薄手のバッグを用意して、
近所のあちこちの家を訪ね「お大師さん」と呪文のように唱える。

すると、家のおばちゃんやおばあちゃんが出て来て
お菓子を手渡してくれるのだ。

だいたいそれはクリームビスケット、ルマンド、ホワイトロリータなどの
個包装されているお菓子数個だった。

普段食べている駄菓子とは違うし、
20軒ほど回るとバッグはパンパンになってくるし、胸が高鳴る。
でも、家に帰るまではお菓子に手をつけない。

もう回る家がなくなる夕方ごろ家に帰り、
部屋でバッグからお菓子を一気にぶちまけたときの高揚感。

最高の行事だった。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。