愛猫ゆきちの写真日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペ報告
2012年11月10日 (土) | 編集 |
結局、あまりよくなっているとは思えず心配が先に立ち10月18日(木)にオペ。

選択は3つあった。

1. とりあえず様子見。

2. 麻酔をかけて先端の腫れてる部分を切除。奥の方に病巣が残っていたら再発の恐れあり。ただ、前回から今回の再発まで3年かかっているので、悪性ではないと思われる。

3. 麻酔をかけて爪の根元から指(爪)ごと全部切除。病巣が残る可能性は2よりも低いが、内蔵など他の場所にひそんでいる場合もあるので100%除去できるかはわからない。術後のリカバーに時間がかかり、大変苦痛を伴う。


猫への負担を考え、2にした。

ところが当日出てきたのはいつも優しくしてくれる女性の先生ではなく、男性のごっつい先生。

とたんにゆう様がオニの形相で


シャー威嚇。


先生はそれをみてげんなりしたようで、ゆう様にさわろうともしない。

その先生がオペをするという。 不安・・・

その先生の手前、どうしても

「いつもの先生にオペしてほしい」

とはいえず(そもそもいつもの先生が空いてたらやってくれてたはずなので)、泣く泣く一旦帰宅。

でも、3時間後迎えに行ったら麻酔も覚めて元気な様子。

傷をなめないよう、1週間カラー&抗生物質(まっずい牛脂みたいなクリーム状)生活となった。


カラーは10年ほど前に一度脱走して近所の猫にかまれたときに装着経験があり、
そのせいか今回はさほどいやがらずおとなしくつけていてくれた。ありがたい・・・(ToT)


CIMG9609 - Copy 



CIMG9613 - Copy 



CIMG9608 - Copy 
自分で顔が洗えないのでちょっと目やに。

このあとホカホカ濡れタオルで顔周りを拭いて差し上げたら、大変気持ちよさそうでした





長いこと更新しなかったのはゆう様のせいではなく、自分に余裕がなかったせい。

多忙なのに(だから?)体調を崩し、なかなか回復せず時間的にも体力的にもきつくてちょっと落ちてました


反面、ゆう様はいつもご機嫌麗しいご様子ですので、ご安心ください!

今日もシモベの傷だらけの手に牙を立て、猫パンチをくらわせ、猛ダッシュしていきました。。。(ご機嫌麗しいのか?)

わー痛いようー(=´▽`=) (棒読み)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。