愛猫ゆきちの写真日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過観察中。
2012年10月17日 (水) | 編集 |
ぷっくり、処置後よくなってるんだかどうかわからない!

1350454417202.jpg
(クリックで拡大。見たい人だけどうぞ)


病院に行くだけでもストレスで息も絶え絶えになりかなりの負担になるので、緊急時以外は連れ出せない。


もうしばらく様子を見るかとっても悩む・・・(=_=)
スポンサーサイト
再発
2012年10月14日 (日) | 編集 |
爪の付け根の赤いぷっくりが3年ぶりに再発した。

前回とまったく同じ場所。

DSC_0024.jpg 

気付いたのは10月12日の朝。
数日様子を見てみようか、という考えも頭をかすめたけれど結局その20分後にはゆう様はキャリーバッグに入れられていた。

前回は何ともなかったので今回もそうだといいんだけど。
同じ場所に2度出るのが気になる・・・

最近忙しすぎてごはんとトイレのお世話と頭をなでるので精一杯で、爪の1本1本までチェックしてなかった。

猛反省。前回ちゃんと毎日チェックしようって誓ったのにっ バカシモベ


さて、今回は違うお医者さんなんだけど、ホントお医者さんによってやり方がぜんぜん違う!

★前のお医者さん★
「こんなの見たことない。腫瘍かも!!すぐ細胞検査!」と痛み止めなしで幹部を切り取る。
患部には包帯ぐるぐる巻き。カラー装着なし。

★今回のお医者さん★
「おそらく、何か尖ったものを踏んで出血後化膿して腫れただけだと思います。腫れている部分は経口の痛み止めを与えてから除去し、消毒します。4日間カラーを付けて、お家で化膿止め(おいしい液体)をごはんに混ぜて与えてください。傷が治っているようならそれで問題無いです。悪化したらそのときに細胞検査しましょう」

カラーは嫌がるので包帯ではダメなのか聞いたところ、

「傷を塞ぐと、湿気がこもってバクテリアが繁殖しやすいので、患部はオープンにしておきたいんです」

同じ症状に対する処置とは思えない。

どっちがいいのかはシロウトにはわからないけど、とにかくゆう様が元気でいればいい。

1350113847713.jpg 

カラー装着してしょげてるゆう様

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。