愛猫ゆきちの写真日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペ報告
2012年11月10日 (土) | 編集 |
結局、あまりよくなっているとは思えず心配が先に立ち10月18日(木)にオペ。

選択は3つあった。

1. とりあえず様子見。

2. 麻酔をかけて先端の腫れてる部分を切除。奥の方に病巣が残っていたら再発の恐れあり。ただ、前回から今回の再発まで3年かかっているので、悪性ではないと思われる。

3. 麻酔をかけて爪の根元から指(爪)ごと全部切除。病巣が残る可能性は2よりも低いが、内蔵など他の場所にひそんでいる場合もあるので100%除去できるかはわからない。術後のリカバーに時間がかかり、大変苦痛を伴う。


猫への負担を考え、2にした。

ところが当日出てきたのはいつも優しくしてくれる女性の先生ではなく、男性のごっつい先生。

とたんにゆう様がオニの形相で


シャー威嚇。


先生はそれをみてげんなりしたようで、ゆう様にさわろうともしない。

その先生がオペをするという。 不安・・・

その先生の手前、どうしても

「いつもの先生にオペしてほしい」

とはいえず(そもそもいつもの先生が空いてたらやってくれてたはずなので)、泣く泣く一旦帰宅。

でも、3時間後迎えに行ったら麻酔も覚めて元気な様子。

傷をなめないよう、1週間カラー&抗生物質(まっずい牛脂みたいなクリーム状)生活となった。


カラーは10年ほど前に一度脱走して近所の猫にかまれたときに装着経験があり、
そのせいか今回はさほどいやがらずおとなしくつけていてくれた。ありがたい・・・(ToT)


CIMG9609 - Copy 



CIMG9613 - Copy 



CIMG9608 - Copy 
自分で顔が洗えないのでちょっと目やに。

このあとホカホカ濡れタオルで顔周りを拭いて差し上げたら、大変気持ちよさそうでした





長いこと更新しなかったのはゆう様のせいではなく、自分に余裕がなかったせい。

多忙なのに(だから?)体調を崩し、なかなか回復せず時間的にも体力的にもきつくてちょっと落ちてました


反面、ゆう様はいつもご機嫌麗しいご様子ですので、ご安心ください!

今日もシモベの傷だらけの手に牙を立て、猫パンチをくらわせ、猛ダッシュしていきました。。。(ご機嫌麗しいのか?)

わー痛いようー(=´▽`=) (棒読み)

スポンサーサイト
経過観察中。
2012年10月17日 (水) | 編集 |
ぷっくり、処置後よくなってるんだかどうかわからない!

1350454417202.jpg
(クリックで拡大。見たい人だけどうぞ)


病院に行くだけでもストレスで息も絶え絶えになりかなりの負担になるので、緊急時以外は連れ出せない。


もうしばらく様子を見るかとっても悩む・・・(=_=)
再発
2012年10月14日 (日) | 編集 |
爪の付け根の赤いぷっくりが3年ぶりに再発した。

前回とまったく同じ場所。

DSC_0024.jpg 

気付いたのは10月12日の朝。
数日様子を見てみようか、という考えも頭をかすめたけれど結局その20分後にはゆう様はキャリーバッグに入れられていた。

前回は何ともなかったので今回もそうだといいんだけど。
同じ場所に2度出るのが気になる・・・

最近忙しすぎてごはんとトイレのお世話と頭をなでるので精一杯で、爪の1本1本までチェックしてなかった。

猛反省。前回ちゃんと毎日チェックしようって誓ったのにっ バカシモベ


さて、今回は違うお医者さんなんだけど、ホントお医者さんによってやり方がぜんぜん違う!

★前のお医者さん★
「こんなの見たことない。腫瘍かも!!すぐ細胞検査!」と痛み止めなしで幹部を切り取る。
患部には包帯ぐるぐる巻き。カラー装着なし。

★今回のお医者さん★
「おそらく、何か尖ったものを踏んで出血後化膿して腫れただけだと思います。腫れている部分は経口の痛み止めを与えてから除去し、消毒します。4日間カラーを付けて、お家で化膿止め(おいしい液体)をごはんに混ぜて与えてください。傷が治っているようならそれで問題無いです。悪化したらそのときに細胞検査しましょう」

カラーは嫌がるので包帯ではダメなのか聞いたところ、

「傷を塞ぐと、湿気がこもってバクテリアが繁殖しやすいので、患部はオープンにしておきたいんです」

同じ症状に対する処置とは思えない。

どっちがいいのかはシロウトにはわからないけど、とにかくゆう様が元気でいればいい。

1350113847713.jpg 

カラー装着してしょげてるゆう様

王子なのにピンク
2012年09月24日 (月) | 編集 |
シモベのホットパンツを着せてみた。

CIMG959small9.jpg



温かいのが気に入ったのか、しばらくそのままおとなしくしていた。

CIMG9602small.jpg


失礼ですが、お似合いです。

おはぎ
2012年09月15日 (土) | 編集 |
三色おはぎを作った。

CIMG9587smalljpg.jpg



青のりのかほりにつられ、王子参上。

CIMG9594small.jpg



青のりおはぎを守りたいが、写真も撮りたいシモベ。

CIMG9595small.jpg



写真への欲求が勝ってしまったシモベ。

CIMG9596.jpg


とにかく、海の物が大好きな王子なのでした。


邪魔されるヨロコビ
2012年09月09日 (日) | 編集 |
 CIMG9582small.jpg


今日はやたら甘えてくる。


CIMG9584small.jpg 


ああー仕事が進まないよー困ったなー(棒読み)





 猫豆知識  

猫の呼吸回数は、20-40回/分。
(人間は12~15回/分)


よいお天気
2012年09月04日 (火) | 編集 |
CIMG9562small.jpg


でぶでは断じてない。


CIMG9551small.jpg 

なのに、なぜ毛が割れる・・・



まあ、元気だからいいけど。 よく食べるしトイレも絶好調だし





 猫豆知識 

家猫は約50km/hで走ることができる。





でも走る気になるかは別問題なんだそうですやっぱりね。

むふう
2012年08月30日 (木) | 編集 |
CIMG9537small.jpg

午後のイチャイチャタイム中(一方的)。




 猫豆知識 
 

猫の前足(むしろ手と呼びたい)には5個、後ろ足には4個の肉球がある。
中には通常よりも多くの肉球を持つ猫もおり、アメリカの文豪・アーネストヘミングウェイは6本指の猫を飼っていたという。
ぺろろん
2012年08月25日 (土) | 編集 |
外(窓際)に出ると気持よくて、うっとりぺろ。


CIMG9566small.jpg




 猫豆知識 

猫の喉鳴らしの周波数はは26ヘルツ(=1秒に26回の振動数)。
これは、アイドリングしているディーゼルエンジンと同じ周波数。
お伴します
2012年08月17日 (金) | 編集 |
 CIMG9333small.jpg

旅行の際の荷造りには、かならず付き添ってくれます。

出先に連れていけたらどんなにステキか。



 猫豆知識 

猫は水を飲む時、舌の表側ではなく裏側から舐める

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。